学校長挨拶

2018.04.09 :お知らせ

学校長挨拶

広島叡智学園中学校・高等学校/Hiroshima Global Academy(HiGA)のフェイスブックページをご覧いただき、ありがとうございます。
校長の林史(はやしふみ)と申します。
約20年間の英語教諭としてのキャリアの後、平成27年(2015年)度より、広島県教育委員会事務局学びの変革推進課にて、この学校の創設に取り組んでまいりました。
もとより力不足の身ではありますが、この学校に対する情熱だけは、誰よりも強いと自負しております。

このプロジェクトを通じて、私が実現したいもの。
それは、単なる学校づくりではなく、“Learning Community”の実現です。

合言葉は、“We are HiGA, a learning community.”。
生徒も、保護者の方々も、教職員も、地域の方々も、広島や海外の方々も、この学校に直接関わる方々だけではなく、「学び続け、変わり続けたい」という想いを持ったすべての人たちが、このプロジェクトのメンバーです。

人は、誰もが1人1人の素晴らしい「物語」を持っています。
当たり前ですが、1人1人の「物語」は、それぞれ違うものです。人とは違って当たり前。どんなに話し合っても、分かり合えないことは、たくさんあります。しかし、だからと言って、恐れる必要はまったくありません。
人と違っても、胸を張って、堂々と「私はこう思う」と言える。そんな人を、この学校で育てていきたいと思っています。

また、1人1人の「物語」が集まったもの、それが社会です。
1人1人の「物語」が変われば、社会全体が変わります。
1人1人の「私は変われる」が、社会全体を変えていくのです。
「学び続け、変わり続けたい」という“Learning Community”の想いが、世界を変え、平和な社会を創る。私は本気でそう信じています。

その第一歩は、この「世界で一番、子供たちが輝いている学校を創るプロジェクト」から。
We are HiGA, a learning community. Let’s create together!